毎週金曜18:00更新
シーズン1

肉食系お花とひと夏の恋 #3

前回までのあらすじ

お花の理想のタイプは「やさしくて、落ち着きがあって、わがままを言っても笑顔で受け入れてくれる包容力のある人」なのだが、この条件をすべて満たす同居人のうめぼしさんは「いい人なんだけど刺激が足らなくてドキドキしないから、なし」だという。

現実には存在しないか、存在したとしても天然物の炭素14放射性同位体と同じくらい希少なイデア彼氏を求めているお花のマインドを、実在的彼氏を希求する方向に修正すべく、ダークマターさんが立ち上がった。

彼女は元四次元社畜で、越えてきた修羅場が三次元離れしている。だから三次元を超越した四次元ブートキャンプが実施されるのではないか? という期待が否応なく高まっていた。

ダクマタ
ダクマタ

叩き直してやるぜぇッ!

ヒシ
ヒシ

叩き直してやるぜぇッ!

おはな
おはな

プギャアアン🥹

ヒシ
ヒシ

で、具体的にはなにをすればいいんですか?✨

ヒシ
ヒシ

私も彼氏がいないので、お花と一緒にダークマターさんのブートキャンプを受けたいです!

ダクマタ
ダクマタ

ブートキャンプ? なにそれ?

ヒシ
ヒシ

ぜひ!

ダクマタ
ダクマタ

なにやら激しく誤解されている気がする

おはな
おはな

わくわく♪

ダクマタ
ダクマタ

お花もつられてわくわくしないで

ヒシ
ヒシ

(✪ ᴗ ✪)✨

ダクマタ
ダクマタ

そんなにキラキラした目で見ないで:;(∩´﹏`∩);:

ダクマタ
ダクマタ

ヒシさんが期待するようなハードコアなことは、なにもないんだ💦

ダクマタ
ダクマタ

もっと単純な話でね

ダクマタ
ダクマタ

お花の理想の彼氏に釣り合うような、理想の彼女になってみな? って言おうと思ったの

ダクマタ
ダクマタ

そしたら現実っていうものが――

ヒシ
ヒシ

なるほど、目には目を、歯には歯をって言いますもんね!

ヒシ
ヒシ

理想の彼氏には理想の彼女!

おはな
おはな

キシャァアアアアア!!

ダクマタ
ダクマタ

うわぁああああ、人の話は最後まで聞けよぉこの慌てんぼうさんたちめ!

ヒシ
ヒシ

理想の彼女にはどうしたらなれますか?

おはな
おはな

グルルペチイギュボンッ!!

ヒシ
ヒシ

どんなトレーニングをしたらなれますか?

ダクマタ
ダクマタ

あの……正直わかりません

ダクマタ
ダクマタ

私も理想の女とは程遠いですから

ヒシ
ヒシ

そんなことはありません

ヒシ
ヒシ

ダークマターさんは、存在からして三次元を超越しているし、ウェブ小説の神読者だし、舎弟の数もぺったんこタウンの過半数に迫る勢いです

ヒシ
ヒシ

ダークマターさんは、みんなの理想のあねごです!

ダクマタ
ダクマタ

あねごと彼女じゃ、だいぶニュアンスが変わってくるな?

ダクマタ
ダクマタ

理想の彼女っていうと、しらたまちゃんみたいな方向性じゃない?

ヒシ
ヒシ

しらたまちゃん、かわいいですよね!

ダクマタ
ダクマタ

しらたまちゃんって(ぱっと見の雰囲気は)かわいいよね

ヒシ
ヒシ

私、しらたまちゃんを目標にします!

ダクマタ
ダクマタ

いや、待って

ダクマタ
ダクマタ

しらたまちゃんは、ぺったんこタウンの実権を掌握してたりとか、やってることがかなりマッチョだし

ダクマタ
ダクマタ

下手に参考にすると、二人とも泥沼のファンダムに取り込まれて、しらたまちゃん陰謀論に染まってしまう公算が大きい

ダクマタ
ダクマタ

ま、染まったところで、ぺったんこタウンでの暮らしにはなんら問題はないわけだけど

ダクマタ
ダクマタ

とにかく、しらたまちゃん以外を目標にしたほうがよさそうだ

ダクマタ
ダクマタ

いきなり、しらたまちゃんを目指すのは目標が高すぎるから

ダクマタ
ダクマタ

もっと身近な課題からクリアしていこう

ダクマタ
ダクマタ

一日一善的なやつからはじめて、ちょっとずつ理想の彼女になっていこうか

おはな
おはな

カガロトッモナァア🥰✨

ヒシ
ヒシ

それならまず、お花は男の子たちに謝りにいくといいよ

おはな
おはな

ピギィッ🥹!?

ヒシ
ヒシ

だって、振ったときに全員ビッターンって地面に叩きつけてんでしょ?

ダクマタ
ダクマタ

まじかよ、それは謝ったほうがいい

ダクマタ
ダクマタ

いくら理想と違うからっていって、暴力はダメだよ💢

おはな
おはな

ギャウルェエイッオジョア(/ω\)

ヒシ
ヒシ

気まずいかもしれないけれど、ケジメはつけないとね

 理想の彼女になる最初の一歩として、いままでに地面に叩きつけてきた男の子たちに謝りに行った。

ぺったんこ遺跡
魔つぼ
魔つぼ

地面にビッターンってしたことを謝りたいって?

魔つぼ
魔つぼ

いつの話だろ🤔

魔つぼ
魔つぼ

俺は由緒正しい魔法の壺だから、地面に叩きつけられたくらいじゃ割れはしない✨

魔つぼ
魔つぼ

だからお花も、遠慮せずにかかってこいよ

魔つぼ
魔つぼ

いつでも相手になってやるぜ!

おはな
おはな

ゼィジレィフセヒニンウ💦

魔つぼ
魔つぼ

おうよ、後輩に胸を貸すのは先輩の務めだからな!

おはな
おはな

キシャァアアアアアア……!

ぺったんこ市場
クスクス
クスクス

煮られようが蒸されようがなにを和えられようが、クスクスはクスクスっていう融通無得なところが、俺の強みだと思ってる

クスクス
クスクス

だから、お花も遠慮せずにかかってきてほしい

おはな
おはな

ポウェジオイエッ🥹?

クスクス
クスクス

なにを隠そう、ぺったんこタウンには魔物が少ないから、故郷で培った魔物リテラシーを維持するのも一苦労なんだ

クスクス
クスクス

いきなり襲い掛かってくるお花の存在は、俺にとってもありがたいんだよね

クスクス
クスクス

これからもよろしくな♪

おはな
おはな

オボエェェキシャァアア😇

ぺったんこ酒場付近の路地裏
あにじゃ
あにじゃ

果てなき求道に恐れをなして、逃げ出したかと思っていたが

あにじゃ
あにじゃ

貴様は心を入れ替えて戻ってきたのであるな?

あにじゃ
あにじゃ

諦めぬ者だけが武道の極致にたどり着けるって、里の長老たちもゆってた!

あにじゃ
あにじゃ

不死鳥のごとく何度でも立ち上がり、我に挑んでくるがよい!

おはな
おはな

プルルンフルッツマツリ🙂

あにじゃ
あにじゃ

かくいう我も鍛錬が辛すぎちゃって

あにじゃ
あにじゃ

こんなんもう無理死んじゃうって思って

あにじゃ
あにじゃ

何度も逃げ出しちゃった過去がある🥺

あにじゃ
あにじゃ

でも、立派ないかりビーンズの戦士になりたいっていう気持ちは本当のやつだったから

あにじゃ
あにじゃ

こうして心を入れ替えて、毎日己という名の刃を磨いておる

おはな
おはな

グキキキキッ🥹

あにじゃ
あにじゃ

鍛錬に終わりはない! 生涯鍛錬! 生涯学習!

おはな
おはな

シュルルンウェワワアワワッ🫠

ぺったんこ公園の中の植物園付近
ダクマタ
ダクマタ

🤔

ヒシ
ヒシ

😇

おはな
おはな

🥹

ダクマタ
ダクマタ

地面に叩きつけてきた男の子たちも、残すところあと一人か

ダクマタ
ダクマタ

まさか、誰一人告白されていたことに気づいてなかったとはね

おはな
おはな

ブシャエジュルホフォシ🥹

おはな
おはな

ビギャンッ˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚

ヒシ
ヒシ

泣かないで、お花……

ヒシ
ヒシ

ちょっと気持ちが先走りすぎて、相手に伝わらなかっただけだよ🥺

ダクマタ
ダクマタ

というか、私が思うにね

ダクマタ
ダクマタ

いきない奇襲めいて告白されて、10分も経たないうちに地面に叩きつけられたら

ダクマタ
ダクマタ

「ひょっとして新手の作法の格闘技なのかな?」って思うのも仕方ないかも

ヒシ
ヒシ

平均的なぺったんこタウンの住民なら、そう解釈しますね

ダクマタ
ダクマタ

だから次に告白するときは、雰囲気とか段取りとかに気をつけていこう?

ダクマタ
ダクマタ

特に恋愛は、雰囲気づくりが大事だよ

おはな
おはな

キャラブフンッ🥹

ヒシ
ヒシ

うんうん、その意気だよ!

ダクマタ
ダクマタ

幸い男の子たちは、スパーリングの相手をしてあげたみたいな解釈をしていて、全然怒ってなかったし

ダクマタ
ダクマタ

むしろ「いつでもかかってこいよ♪」っていう友好的な雰囲気だったから

ダクマタ
ダクマタ

友情からの恋が芽生える可能性は十分にある

ヒシ
ヒシ

そうですね!

おはな
おはな

ジョンニオサロネアン🥹

ヒシ
ヒシ

さて、あと一人はどこにいるんだろう?

ヒシ
ヒシ

植物園で出会って、このあたりで地面に叩きつけたっていう話だけど

ヒシ
ヒシ

さすがにどこかに行っちゃったかな?

ダクマタ
ダクマタ

そうだねぇ🤔

おはな
おはな

プギュルアッ!!

 するとお花が甲高い声を発してツルをシュッと伸ばしました。葉っぱの先をピーンとさせて、いま来た道を指します。

ダクマタ
ダクマタ

どうしたの、お花?

ヒシ
ヒシ

かわいらしい声の魔物が、こっちに向かって一生懸命走ってきますね

モブの子
モブの子

キュルルン! キュルルン!

 お花が最後の地面に叩きつけた元彼だ! どうやら彼も、お花を探していたみたいだね。

最終話につづく
ぺったんこタウン

ポンコツかわいいやつらが、サツバツのんびりと暮らす町ぺったんこタウンへようこそ。チャット小説を配信しています。ごゆっくりしていってね!

ぺったんこタウンをフォローする
ぺったんこタウン